ニュースリリース

2004/11/25
ラッキー運輸、ICタグを活用した倉庫管理システムを構築
デルサーバーとオラクルデータベースの中堅企業向けパッケージソリューションを導入
導入期間2週間で稼動開始

デル株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:浜田宏、以下 デル)と日本オラクル株式会社(本社:東京都千代田区紀尾井町4-1、代表取締役社長:新宅正明、以下 日本オラクル)は、ラッキー運輸株式会社がデルのサーバ「PowerEdge TM(パワーエッジ)」と「Dell|EMC ファイバーチャネルストレージ」、オラクルのデータベース「Oracle Database 10g」とそのクラスタ技術「Oracle Real Application Clusters 10g」を活用して、ICタグを活用した倉庫管理システムを構築したことを発表します。

ラッキー運輸は、アミューズメント機器の物流を専門に行っている物流会社で、北海道を中心に24時間365日ビジネスを展開しています。同社は、年間約20万個にものぼる在庫管理を、シリアル番号の目視確認や、 在庫管理システムへ伝票単位で入力するなど、人手によって行っていました。そのため、商品の単品管理が難しく、商品の取り違えリスクを含めた作業効率の面で課題を抱えていました。
そのため、より効率的かつ正確な個品管理を実現するために、ICタグを活用した新しい倉庫管理システムを構築しました。新システムでは、ICタグを機器1台毎に添付し、携帯読み取り機器から取り込んだタグの情報をサーバに送って在庫データへ情報を反映します。同サーバ上には倉庫管理アプリケーションが導入されており、管理者はいつでも倉庫内における在庫情報、商品の位置情報をタイムリーに把握することが可能になり、商品の入出庫を正確かつ迅速に処理できるようになりました。新システム導入により、商品取り違えはほぼゼロとなり作業効率も約50%向上しています。

新倉庫管理システムは、デルのサーバ「PowerEdge 2650」と「Dell|EMC ファイバーチャネルストレージ」、オラクルのデータベース製品「Oracle Database 10g」とクラスタ技術「Oracle Real Application Clusters 10g」、および導入サービスを組み合わせたパッケージソリューション「Dell SE RACパッケージ」を導入し、2ノード、4CPUのクラスタ構成で構築しています。ICタグを活用することによるデータ処理の大幅な増加を見込み、低コストで高可用性を実現する同製品の導入が決定しています。

システムの構築にあたっては、オラクルのパートナーである第一コンピューターリソースが全面的に協力し、総合システムインテグレーション、ICタグの情報を読み取るためのハンディターミナル及びICタグの提供をKRDコーポレーション株式会社が担当しました。なお、フォークリフト端末の開発は株式会社エリート、アプリケーション開発及びシステム構築は株式会社ウィル・ドゥが行いました。各専門分野に強いパートナー各社の協力を得たことと、ハードウェア、ソフトウェアと導入サービスを組み合わせたパッケージソリューションを活用したことにより、2週間という短期での導入を実現しています。

●ラッキー運輸株式会社について
設立年昭和45年12月、代表者三國治、所在地本社北海道札幌市白石区米里1条2丁目7-1、他、愛知営業所、北関東営業所、年商12億円(平成16年8月期)従業員数50名、資本金1000万円です。

●KRDコーポレーション株式会社について
KRDコーポレーション株式会社は1991年1月に設立され、事務機器の紙送りローラーの研究開発並びに製造事業を今日まで展開してきました。代表的なものとしては新幹線の自動改札機の東京駅以北は全箇所採用されています。又IBMのワールドワイドの通帳プリンターにも大半採用されています。近年では二次元コードリーダー機の製造開発並びにICタグ製造を始め、周辺装置の開発トータルソリューション開発を展開しています。従業員14名(2004年10月末現在)

●株式会社エリートについて
株式会社エリートは1990年2月設立、UNIXキーボードを開発してバーコードリーダ・RFIDリーダライタ・ハンディターミナル等のハードウェア設計開発、POSシステム・散剤監査システム等のハードウェアとセットにしたパッケージの販売、サポートビジネスを行っております。

●株式会社ウィル・ドゥについて
株式会社ウィル・ドゥは2001年に設立され、システムコンサルティング、システム開発、パッケージソフトウェア(GISエンジン、飲食システム、美容・エステシステム)の販売、サポートサービスの事業を展開しております。

●株式会社第一コンピュータリソースについて
株式会社第一コンピュータリソースは1969年に設立された、名古屋市内に本社を置くソフトウェア開発会社です。コンピュータメーカにとらわれない独立系のソフトウェア開発会社で、日本オラクル株式会社の代理店として、オラクル製品の販売、構築、教育、保守についても幅広く事業展開しています。従業員数460名(2004年3月末現在)

●デル株式会社について
デル株式会社は、米Dell Inc.の日本法人で、独自の直販方式「デル・ダイレクト・モデル」を活かした販売/マーケティング/サービス・サポート業務を行っています。業界標準技術を採用したサーバ/ストレージ製品およびソリューションの拡充に注力しており、エンタープライズ市場においても「デル・ダイレクト・モデル」による優れたバリューをお客様に提供しています。

●日本オラクル株式会社について
日本オラクル株式会社は、オラクル・コーポレーションの日本法人として1985年に設立されました。国内を拠点とした情報システム構築のためのソフトウェア製品、ソリューション、コンサルティング、サポートサービス、教育の事業を展開しています。1999年2月5日に店頭市場へ株式公開、2000年4月 28日に東証一部上場。従業員数1,448 名(2004年5月末現在)。

●「Dell SE RACパッケージ」について
「Dell SE RACパッケージ」は、グリッドコンピューティングを実現する「Oracle Database 10g」と、同製品のクラスタリング技術「Oracle Real Application Clusters 10g」に最適化した、デルのサーバ「PowerEdge」と高性能ネットワークストレージ「Dell|EMC」に、導入サービスを組み合わせたパッケージです。無停止型システムの導入を検討される中堅、中小企業システムのお客様を主な対象としています。4CPUまでのクラスタに最適化した検証構成に、導入サービスを組み合わせることで、お客様は、導入前のシステム検証や導入時の複雑な作業を省き、短期間かつ低コストで無停止型システムを構築することができます。ユーザ数無制限のCPUライセンスで1,825万円から提供しています。

●「Oracle Database 10g」について
 「Oracle Database 10g」は小規模サーバから最大規模のSMPサーバ、クラスタからエンタープライズ・グリッドまで、全ての環境において効率的に実装できるように設計されています。自動化されたチューニング・管理機能により、作業の効率化とコスト削減を可能にします。ビジネス上の情報からOLAP、XML文書、空間・位置情報まで、全ての既存データをネイティブで管理し、オンライン・トランザクション処理、ビジネス・インテリジェンス、データウェアハウス、コンテンツ管理アプリケーションなどでの活用を支援します。

●「Oracle Real Application Clusters 10g」について
世界で圧倒的なシェアを誇るオラクルのデータベース管理ソフトの
「Oracle8i」から採用された「キャッシュフュージョン」アーキテクチャに基づく新しいデータベース・クラスタリング機能です。従来のデータベース・クラスタリング機能では、ノード数の増加に従ってノードあたりの性能に劣化が生じていま したが、この新機能によりノード数の増加に対して正比例した性能を確保することができます。「Oracle Real Application Clusters」によるノードの追加は、単にシステム全体の性能向上をもたらすだけではなく、単一もしくは複数のノードの障害が発生しても、残りのノー ドで運用が継続できることで信頼性の向上をもたらします。Oracle Real Application Clusters 10g」では、ビジネス上の要求の変化に応じて、クラスタ化されたデータベース間でコンピュータの処理能力を動的に変更する、新しいクラスタ負荷管理機能を搭載しました。この新機能により、顧客はブレード・サーバーなど低コストのサーバ上で大規模のクラスタを稼動し、エンタープラ イズ・グリッドを実現することができます。

■本件に関する報道関係お問い合わせ先:
デル株式会社
広報本部:宮薗

日本オラクル株式会社 
コーポレート・コミュニケーションズ 広報担当:石川

Oracleは、Oracle Corporationの登録商標です。デルロゴ、PowerEdge、Dell|EMCは、米国Dell Inc.の商標または登録商標です。本文中の商品名は、各社の商標または登録商標です。