ニュースリリース

2007/05/07
参考資料:月島機械、基幹業務システムを刷新
〜レガシーシステムからの移行により、運用管理コストを大幅に削減〜

 日揮情報システム株式会社(本社:横浜市港北区、代表取締役社長:岩本紘武、以下 日揮情報システム)、株式会社システムフロンティア(本社:東京都江東区、代表取締役社長:和田恒治、以下 システムフロンティア)、日本オラクル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:新宅正明、以下 日本オラクル)は、月島機械株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:山田和彦、以下 月島機械)が、オラクルの業務アプリケーション製品「Oracle E-Business Suite」の短期導入ソリューション「Oracle NeO」を活用して、財務会計システムを刷新したことを発表します。

 月島機械では、企業競争力の強化と連結経営の効率化に向けて、「Tsukishima Business Re-Engineering (TBR)」を掲げ、大幅なコスト削減を目指しています。基幹業務システムの刷新は、このコスト削減の実現に向けた取り組みの一環であり、レガシーシステムからの移行、情報システム部門業務のアウトソースによる、基幹業務システムの運用管理コストの低減を目指しています。

 本システム刷新では、「Oracle E-Business Suite」の短期導入ソリューション「Oracle NeO」を活用して、まず財務会計システムを18ヶ月間の導入作業を経て2006年10月に予定通り稼動開始しました。導入作業は、「Oracle E-Business Suite」のパートナーである日揮情報システムおよび月島機械のシステム運用の業務委託先であるシステムフロンティアが担当し、「Oracle NeO」テンプレートの活用と業務運用ノウハウを一体推進化することで、システムの短期導入とシステム運用の早期安定を実現しています。さらに、新システムの運用管理において、オラクルの24時間運用管理サービス「Oracle E-Business Suite On Demand」を採用することにより、システム異常の事前検知および異常発生時の早期解決を実現し、システムの24時間安定稼動による信頼性の向上を実現しています。

● 「Oracle E-Business Suite」について
「Oracle E-Business Suite」は、経理や人事といった企業の根幹を担う基幹系のシステムや、在庫管理、生産管理、顧客管理、購買管理などの企業活動自体をサポートするシステムを構築するための機能が統合されたソフトウェアです。日本オラクルは、世界で13,000社以上、国内でも500社を超える実績を持つ「Oracle E-Business Suite」を核としたEビジネスソリューション事業のさらなる拡大に向けて、積極的な取り組みを進めています。関連事業部門の増強やパートナー企業との提携強化を通じ、販売およびサポート体制も積極的に強化しています。

● 「Oracle NeO」について
Oracle ERPパッケージ「Oracle E-Business Suite」の導入経験とノウハウを、再利用可能な形に定型化・テンプレート化し、短期間・低価格でERPの導入を実現するソリューションです。

● 「Oracle E-Business Suite On Demand」について
 「Oracle E-Business Suite On Demand」は、オラクル製品のエキスパートであるオラクルのエンジニアが、「Oracle E-Business Suite」の運用・管理をオンラインで行うサービスです。開発ベンダーとして製品を知り尽くしているオラクル専門技術者が、顧客のシステムを24時間365日、遠隔地から監視し、障害の未然防止、ライフサイクル・サポートを提供します。本サービスにより、ユーザー企業の運用・管理コストを削減し、より戦略的なIT投資への移行を支援します。

● 月島機械について
月島機械株式会社は、1905年に製糖機器メーカーとして設立されました。蒸留、分離、ろ過、脱水・乾燥、焼却などの精糖技術で培った基幹技術をベースに、官需を主とする水環境事業では、浄水場・下水処理場の機器・設備・設置・運転管理を行っています。また、民需向けの産業事業では、国内外の化学、鉄鋼、石油化学メーカー等に機器製造およびプラント建設を行っています。東証・大証一部上場。従業員数:2079名(連結ベース2006年9月末現在)

● 日揮情報システムについて
日揮情報システム株式会社は、1983年にエンジニアリング会社である日揮株式会社の情報システム部門が分離・独立し、設立されました。「納期の厳守」「品質の確保」「予算の達成」をお客様に示せる至上の行動規範として、プロジェクトマネージメント技術をはじめアプリケーション開発などの技術的アドバンテージを、経営管理、生産・物流、販売、技術情報管理などの幅広い分野に適用し、最適で創造性あふれる情報環境をご提供しています。従業員数:349名(2007年4月1日現在)

● システムフロンティアについて
株式会社システムフロンティアは、1987年に業務アプリケーション開発会社として設立しました。2000年には関連企業であるシステム運用会社と統合し、システムの構築からカットオーバー後の運用保守サービスまで、アプリケーションシステムに合わせたトータルソリューション/サービスを提供しています。従業員数:170名(2006年9月末)

● 日本オラクルについて
 日本オラクル株式会社は、オラクル・コーポレーションの日本法人として1985年に設立されました。   
国内を拠点とした情報システム構築のためのソフトウェア製品、ソリューション、コンサルティング、 サポートサービス、教育の事業を展開しています。1999年2月5日に店頭市場へ株式公開、2000年4月28日に東証一部上場。従業員数:1,602 名(2006年11月末)。

■本件に関する報道関係お問い合わせ先:
日揮情報システム株式会社 営業本部 営業企画部 田中

株式会社システムフロンティア 営業一部 広報担当 吉田

日本オラクル株式会社 広報部 石川
プレスルーム http://www.oracle.co.jp/press/

*Oracleは、米国オラクル・コーポレーション及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。その他のブランドまたは製品は、それぞれを保有する各社の商標または登録商標です。