ニュースリリース

2007/10/09
参考資料:USENグループ、オラクルのビッグバン導入で大規模基幹システムに刷新
〜オラクルの通信業界向け業務アプリケーション製品群などオラクルを全面採用、CRMとERPの業務プロセスを連携した統合基幹システムの構築に着手〜

日本オラクル株式会社(本社:東京都千代田区紀尾井町、代表取締役社長:新宅 正明、以下 日本オラクル)は、株式会社USEN(本社:東京都港区赤坂、代表取締役社長:宇野 康秀、以下 USEN)が、大型基幹システムの構築に向けて、オラクルの通信業界向け業務アプリケーション製品群「Oracle Communications Industry Suite」とSOAテクノロジーによるアプリケーション統合基盤「Oracle Applications Integration Architecture」を採用決定したことを発表します。

このたび採用されたのは、「Oracle Communications Industry Suite」のERP製品「Oracle E-Business Suite 11i.10」とCRM製品「Siebel 8」、「Oracle E-Business Suite」、「Siebel」の業務プロセス連携を実現する統合基盤「Oracle Applications Integration Architecture」のプロセス統合パック、さらにシステム基盤として「Oracle Fusion Middleware」と「Oracle Database 10g」です。新システムは、USENを含むグループ各社を対象に、2007年10月より構築作業を開始し、2008年9月に稼動開始予定です。

USENは、従来の有線放送事業、カラオケ事業、ブロードバンド・通信事業に加え、映像・コンテンツ事業、業務用システム事業や人材サービス事業など、グループの拡大により、多角的に事業を展開しています。グループ各社間における相乗効果を創出し、グループ全体の競争力を向上させ、統合によるコストの削減や各事業間におけるサービスのアップセル(*1)、クロスセル(*2)の実施による投資から回収への転換が求められております。これらを支援するITインフラへのニーズも高まってまいりました。
(*1)アップセル:上位商品販売 (*2)クロスセル:他商品交差販売

しかしながら、USENグループのITインフラは各事業、各グループ企業で個別のシステムが運用されているため、システムの統合とそれに伴う技術面、コスト面、時間といった問題点の解決が課題となっていました。今般、オラクル製品を全面的に採用することでグループ内のITイ ンフラを効率的に統合し、またシステムの適用範囲をERPだけでなくCRMにまで拡張し、グループ内の相乗効果を速やかに創出するITインフラの構築に着手します。

本プロジェクトでは、USENグループの音楽放送事業、カラオケ事業、映像・コンテンツ事業、業務用システム事業を対象に、「Siebel」によるフィールドサービスシステム、契約管理システムと、「Oracle E-Business Suite」による財務会計システム、購買在庫管理システムが構築されます。さらに「Oracle Applications Integration Architecture」のプロセス統合パックにより、「Siebel」と「Oracle E-Business Suite」、さらには既存のシステムとの業務プロセス連携も実装します。同社では対象業務のカバレッジ性と先進的なテクノロジーの点を高く評価した結果、「Oracle Communications Industry Suite」の採用を決定しています。導入作業は、オラクルのコンサルティングサービスとIBM ビジネスコンサルティング サービス株式会社が担当します。

●「Oracle Communications Industry Suite」について
通信・メディア業界に特化した業務アプリケーション製品群。CRM製品「Siebel」の通信業界向け顧客管理アプリケーションの最新版「Siebel Communications」、旧「PORTAL」である請求、収益管理のアプリケーション「Oracle Communications Billing and Revenue Management」、「OSS(Operation Support System: 通信網運用支援システム)」でのサービスフルフィルメント(*)を支援するアプリケーション「MetaSolv(メタソルブ)」や「Oracle E-Business Suite」の通信業界向けソリューション「Network Asset Lifecycle Management(ネットワーク・アセット・ライフサイクル・マネジメント)」などが含まれる。(*)サービスフルフィルメント:サービス受注から開通

● 株式会社USENについて
1964年の設立以降、日本最大のシェアを誇る有線放送事業をはじめ、カラオケ事業、ブロードバンド・通信事業、完全無料ブロードバンド放送「GyaO」などを提供する映像・コンテンツ事業を展開すると同時に、グループの拡大により、業務用システム事業や人材サービス事業など様々な事業領域においてサービスを提供しています。2001年4月大阪証券取引所ヘラクレス市場に上場。従業員数:3,989名(2007年2月末)。

● 日本オラクルについて
 日本オラクル株式会社は、オラクル・コーポレーションの日本法人として1985年に設立されました。国内を拠点とした情報システム構築のためのソフトウェア製品、ソリューション、コンサルティング、サポートサービス、教育の事業を展開しています。1999年2月5日に店頭市場へ株式公開、2000年4月28日に東証一部上場。従業員数:1,712 名(2007年5月末)。

■本件に関する報道関係お問い合わせ先:
日本オラクル株式会社 広報部 石川、小林
プレスルーム http://www.oracle.co.jp/press/

*Oracleは、米国オラクル・コーポレーション及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。その他のブランドまたは製品は、それぞれを保有する各社の商標または登録商標です。