ニュースリリース

2005/01/31
日本オラクル、Mac OS 対応最新データベースとJava統合開発ツールを発表
新たな市場開拓を目指し、2005年2月25日より出荷開始

日本オラクル株式会社(本社:東京都千代田区紀尾井町4-1、代表取締役社長:新宅正明)は、オラクルの最新データベース「Oracle Database 10g」とJavaアプリケーション統合開発ツール「Oracle JDeveloper 10g」をアップルコンピュータ株式会社(本社:東京都新宿区西新宿3-20-2、代表取締役:ティモシー・ディ・クック)の最新OS「Mac OS® X Server(マックオーエステン・サーバ)」に対応し、2005年2月25日より出荷開始することを発表します。

「Oracle Database 10g for Apple MAC OS X」 は、「Mac OS® X Server」に対応したデータベース製品であり、「Oracle Database 10g」のすべてのライセンス体系「Oracle Standard Edition One」、「Oracle Database Standard Edition」、「Oracle Database Enterprise Edition」を提供します。また、「Oracle JDeveloper 10g for Apple MAC OS X 」は、「Mac OS® X 」に対応したJavaアプリケーションの統合開発ツールです。
「Mac OS® X Server」を基盤とするサーバは、低コストで優れたデザイン性を持ち、エンタープライズ・システムへの採用が活発化しています。日本オラクルは同製品の出荷により、「Mac OS® X」を重要なプラットフォームと位置づけ、同市場へのオラクル製品の普及、導入促進に力をいれてまいります。
 
「Oracle Database 10g for Apple MAC OS X」の出荷に先立ち、オラクル技術者向けのコミュニティサイト「Oracle Technology Network Japan(http://otn.oracle.co.jp/)」より試用版の提供を開始しており、同製品の早期普及を狙います。また、2月24日、25日に東京国際フォーラムにて開催予定の技術者向け総合イベント「Oracle 10g World」において、「Oracle Database 10g for Apple MAC OS X」出荷に伴うラウンチ・セッションを開催し、製品戦略や最新技術情報をご紹介します。

●「Oracle Database 10g for Apple MAC OS X」概要
−提供開始日 2005年2月25日
−対応OS Mac OS® X Server
−販売ライセンス
Oracle Database Enterprise Edition
Oracle Database Standard Edition
Oracle Standard Edition One
Oracle Partitioning
Oracle Real Application Clusters
Oracle Advanced Security
Oracle Spatial
Oracle Diagnostics Pack
Oracle Tuning Pack
Oracle Configuration Management Pack
Oracle Change Management Pack
−参考価格 Oracle Standard Edition One 9万7,650円(税込み)(5ユーザー)

●「Oracle JDeveloper 10g for Apple MAC OS X」概要
−提供開始日 2005年2月25日
−対応OS Mac OS® X

●アップルコンピュータ アップルワールドワイドデベロッパーリレーションズ担当
バイスプレジデント ロン・オカモト 氏によるコメント
オラクルとアップルは、エンタープライズ向けにパワフルかつ柔軟な情報管理の方法を提供するべく、今日まで共に取り組んでまいりました。アップルのXserve G5、Xserve RAIDとオラクルのOracle Database 10g、JDeveloperの組み合わせは、手頃な価格帯でエンタープライズクラスのデータベースソリューションをお探しのお客様に最適な組み合わせです。

◆「Oracle Database 10g」について
「Oracle Database 10g」は小規模サーバから最大規模のSMPサーバ、クラスタからエンタープライズ・グリッドまで、全ての環境において効率的に実装できるように設計されています。自動化されたチューニング・管理機能により、作業の効率化とコスト削減を可能にします。ビジネス上の情報からOLAP、XML 文書、空間・位置情報まで、全ての既存データをネイティブで管理し、オンライン・トランザクション処理、ビジネス・インテリジェンス、データウェアハウス、コンテンツ管理アプリケーションなどでの活用を支援します。
 
◆「Oracle JDeveloper 10g」について
複数のOSに対応したオープンで標準準拠の「Oracle JDeveloper 10g」は、J2EEのアプリケーションやWebサービスを開発するJavaの開発者が携わる開発ライフサイクル全体をサポートします。「Oracle JDeveloper 10g」は、Javaアプリケーションのパフォーマンスを最適化する機能や、Java・XML・SQL、ビジネス・インテリジェンス、UMLモデリング、 J2EE、Webサービスなどを対象にした、統合された単一の開発環境を提供します。

■本件に関する報道関係お問い合わせ先:
日本オラクル株式会社 
コーポレート・コミュニケーション室 広報担当:石川

Oracleは、Oracle Corporationの登録商標です。本文中の商品名は、各社の商標または登録商標です。