ニュースリリース

2007/11/30
US Press Release Summary:「Oracle Fusion Middleware」、HP Integrityブレードサーバーを用いたSPECjAppServer2004の性能ベンチマークにおいて世界記録を樹立
〜 IBMとBEAの最高記録を凌駕した「Oracle Application Server」〜

2007年11月13日「Oracle OpenWorld」サンフランシスコ発 ――オラクルは本日、Javaアプリケーション性能ベンチマークにおいて、「Oracle Fusion Middleware」のコンポーネントである「Oracle Application Server 10g Release 3」およびHP IntegrityブレードサーバーとHP StorageWorks 8100 Enterprise Virtual Array(EVA8100)で稼働する「Oracle Database」が、過去最高となる世界記録を樹立したと発表しました(注1)。IBM(注2)のSPECjAppServer2004ベンチマークを上回り、BEA(注3)を凌駕した今回の世界記録は、比類のない性能、拡張性、管理性を備える標準準拠のアプリケーションサーバーを提供するというオラクルの取り組みを体現したものであります。

「Oracle Application Server 10g Release 3」と「Oracle Database」は、10,519.43 SPECjAppServer2004 JOPS@Standard(1秒あたりのオペレーション数)を達成しました。同Javaアプリケーションサーバーは、12基のHP Integrity BL860cブレードで稼働され、HP BladeSystem c-Class c7000内には最新のデュアルコアIntel Itanium 1.66 GHz(2個)が配備されています。データベース・サーバーは、40個のデュアルコアIntel Itanium 1.6 GHzを搭載したHP Integrity SuperdomeサーバーとHP StorageWorks EVA8100で稼働されました。アプリケーションサーバー層とデータベース層はともに、HP-UX 11i v3を搭載しました。SPECjAppServer 2004ベンチマーク史上の最高性能を達成した今回の記録は、BEA WebLogicによるSPECjAppServer2004ベンチマーク記録を27%上回り、IBM WebSphereとIBM DB2 UDB 9.1の記録を140%以上超えました。

オラクルのシステム・テクノロジー担当シニア・バイスプレジデント、フアン・ローアイザ(Juan Loaiza)は、次のように述べています。「SPECjAppServer2004の競争で絶えず最高値を更新し続けるオラクルは、Oracle Application Serverの比類のない拡張性と性能を証明しています。HP IntegrityサーバーとHP BladeSystemブレード上で稼働するOracle Application Serverは、SOAおよびWeb 2.0環境でエンタープライズJavaアプリケーション、ポータル、Webサービスを開発、統合、展開するのに必要な包括的なソリューションを提供します」

オラクルは過去5年にわたり、幅広いハードウェアおよびアプリケーションのプラットフォームで、アプリケーションサーバーのベンチマーク記録を塗り替えてきました。オラクルは、複数のSPECjAppServer 2001(注4)およびSPECjAppServer2002(注5)ベンチマークにおいて性能と価格性能比のリーダーであるほか、2002年7月に発表されたJ2EEアプリケーションサーバーのECperf(注6)ベンチマークにおいても、性能および価格性能比の世界記録を保持しています。

SPECjAppServer2004は、代表的Javaアプリケーションとそのアプリケーション環境を構成する各コンポーネント(ハードウェア、アプリケーションサーバー・ソフトウェア、JVMソフトウェア、データベース・ソフトウェア、JDBCドライバ、システムネットワーク等)の性能を測定する多階層ベンチマークです。このワークロードは、自動車ディーラー、製造、サプライチェーン管理、オーダー/在庫システムの情報フローをエミュレートします。

HPのビジネス・クリティカル・システムズでIntegrityサーバー・マーケティング・ディレクターを務めるロレーヌ・バートレット(Lorraine Bartlett)氏は、次のように述べています。「鮮明な印象を残すベンチマークの結果は、HPブレードソリューションのパワーと多用途性を改めて物語るものです。ブレード市場で自他ともに認めるリーダーであるHPは、最もミッション・クリティカルなアプリケーション向けとして求められる、標準準拠、優れた電力効率、高キャパシティのブレードソリューションがHP BladeSystem c-Classであることを知っています」

● 「Oracle Application Server」について
「Oracle Application Server 10g」は、「Oracle Fusion Middleware」のコアとして、企業向けアプリケーション、ポータル、Webサービスの開発、統合、展開に必要な包括的なソフトウェアを提供します。強力かつ拡張性に富むJ2EEサーバーをベースとする「Oracle Application Server 10g」には、ビジネス・インテグレーション、ビジネス・インテリジェンス、ポータルのためのクラス最高の機能が搭載されています。グリッド・コンピューティング対応として設計され、SOAの完全なライフサイクルサポートを持つ唯一のプラットフォームです。J2EE 1.4互換コンテナ、豊富なツール群およびランタイム群、「Oracle JDeveloper」、「Oracle Application Developer Framework(ADF)」、「Oracle TopLink」永続性管理エンジンなどによって、エンタープライズJavaアプリケーションの開発・展開に必要なすべてのものを搭載しています。「Oracle Application Server 10g」について詳しくは、http://www.oracle.co.jp/appserver/ をご覧ください。

●「Oracle Fusion Middleware」について: “業界をリードするミドルウェア製品”
オラクルの包括的かつ標準準拠のミドルウェア製品群である「Oracle Fusion Middleware」は、ポータルやプロセス管理サーバー、アプリケーション・インフラストラクチャ、開発ツール、エンタープライズ・コンテンツ管理、ビジネス・インテリジェンスまでを網羅します。「Oracle Fusion Middleware」を使用することで、成長と変革への対応能力を高め、業務に対する洞察力を深めるとともに、リスクの軽減とコンプライアンスの推進を実現し、顧客・パートナー・従業員とのネットワークを強化することができます。「Oracle Fusion Middleware」は、現在50,000社を超えるユーザーに活用されており、ユーザーには金融、通信、製造、小売、医薬、ヘルスケア、および公共部門の大手企業や組織が含まれています。「Oracle Fusion Middleware」は、市場をリードする独立系ソフトウェア・ベンダー、付加価値再販業者(VAR)、およびシステム・インテグレータを含め、 9,000社に上るパートナー企業によって支えられています。
詳細についてはhttp://www.oracle.co.jp/products/middleware/ をご覧ください。

● オラクルについて
オラクルは世界最大の企業向けソフトウェア会社です。オラクルに関するより詳しい情報は、http://www.oracle.com をご覧ください。

● 登録商標
Oracleは、米国オラクル・コーポレーション及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。その他のブランドまたは製品は、それぞれを保有する各社の商標または登録商標です。SPECおよびベンチマーク名称であるSPECjAppServerは、Standard Performance Evaluation Corporationの登録商標です。

ここに掲載したベンチマークの結果は、www.spec.orgに掲載されたものです(2007年11月12日時点)。出典:Standard Performance Evaluation Council(SPEC)。SPECjAppServer 2004の最新の結果については、http://www.spec.org/をご覧ください。

(注1) Oracle Application Server 10g Release 10.1.3.3.2 - Java Edition on HP-UX Integrity BL860c Server Blade Cluster, 10,519.43 SPECjAppServer2004 JOPS@Standard (48 cores, 24 chips, 2 cores/chip)

(注2) IBM WebSphere 6.1 Application Server on 20-Node xSeries Blade Center, each with Intel Xeon 3.6 GHz 4,368.02 SPECjAppServer2004 JOPS@Standard (40 cores, 40 chips)

(注3) BEA WebLogic Server 10.0 on Sun Blade 6000 Modular System using Solaris Containers, 8,253.21 SPECjAppServer2004 JOPS@Standard (80 cores, 10 chips)

(注4)
Sun Microsystems SunFire V1280 with Oracle9i Application Server, 521.86Bops/min@Std, $1,133.64/BBops (Best performance SPECjAppServer 2001 Dual Node category).
Oracle9i Application Server Release 2 Standard Edition on HP ProLiant DL360, 183.33 BBops/min@Std, $325.13/BBops (Best price performance SPECjAppServer2001 Dual Node category).
Oracle9i Application Server Release 2 on HP rp8400 Cluster, 2,529.10 BBops, $1342.74/Bbops (Best performance SPECjAppServer2001 MultipleNode category).
Oracle9i Application Server Release 2 on HP ProLiant ML530G2 Cluster, 558.85 BBops/min@Std, $389.66/BBops (Best price performance SPECjAppServer2001MultipleNode category).
Source: http://www.spec.orghttp://www.spec.org
http://www.spec.org/jAppServer2001/results/jAppServer2001.html

(注5) Fujitsu-Siemens Computers' PRIMEPOWER 450/2500, Oracle Application Server 10g: 5,991.73 TOPS@MultipleNode, 654.20 Euros TOPS@MultipleNode (Best Overall Performance Result, SPECJAppServer2002 benchmark).

(注6)
Sun Fire 3800 cluster with Oracle9i Application Server Release 2, 61,862.77 BBops/min@Std, $28/BBops (Best Overall Performance, ECperf benchmark).
HP ProLiant DL360G2 cluster with Oracle9i Application Server Release 2, 24,639.37 BBops/min@Std, $5/BBops (Best Overall price/performance, ECperf benchmark).
For more information regarding ECperf benchmark results, please visit:
http://web.archive.org/web/20050306014256/ecperf.theserverside.com/ecperf/index.jsp?page=results/performance

■本件に関するお問い合わせ先
日本オラクル株式会社 広報部 玉川
プレスルーム http://www.oracle.co.jp/press/