ニュースリリース

2008/06/02
参考資料:日本オラクル社長、遠藤隆雄の所信表明概要

日本オラクル株式会社は本日、2008年6月1日付で社長執行役員 最高経営責任者に就任した遠藤隆雄による所信表明会見を行いました。その概要は、以下のとおりです。

●日本オラクル株式会社 社長執行役員 最高経営責任者 遠藤隆雄の所信表明 概要

私は、日本オラクルを「お客様の経営に価値を提供する会社」にしたいと考えています。これは、ITの価値から経営の価値へと、私たちの提供する価値に変化を創りだしていくことです。経営への価値を提供することで、長期的にお客様、パートナー、コミュニティ、株主、社員に信頼される企業にし、日本に根付き、基盤となり、皆様と共生、共栄をしていきたいと思います。

長期的な信頼を顧客やマーケットから得るためには、継続的な事業へのコミットメントが不可欠であると考えます。まず私は、このコミットメントを確固たるものにするために、日本オラクルが、めまぐるしく変わる環境の変化にきちんと対応できているか、皆様のご期待に応えているかどうかを確認してまいります。その上で、この夏を目処に中期の経営計画を策定し、実行していく所存です。

今後、注力していくポイントは次の三点です。

■つなぐ
これからの日本オラクルは、お客様、パートナー、コミュニティ、株主、社員をはじめ、私たちとつながることで事業やコミュニケーションが活性化される、すべての方々との連携を大事にし、新たな価値の創出に注力してまいります。また、つなぐ、というのは経営のインフラを築く上で欠かせない取り組みであると考えます。経営や業務プロセスをつなぎ、人をつなぎ、システムをつなぐ。こうした、変化を創るために不可欠な取り組みに注力してお客様の経営に価値を提供してまいります。

■変化を創る
お客様の経営に、変化というイノベーションをもたらす企業を目指します。お客様の次世代の経営システムをオラクルとパートナー企業の総力で、提案してまいります。

■最も信頼される企業になる
長期的にお客様の経営にとっての価値を提供します。その結果、最も信頼される企業となることを目指します。私たちは、皆様と共生、共栄を実現することで、皆様の躍進に貢献できるのだと確信しております。

                                                                      以上


■本件に関するお問い合わせ先
日本オラクル株式会社 広報部 玉川
プレスルーム http://www.oracle.co.jp/press/

*Oracleは、米国オラクル・コーポレーション及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。