ニュースリリース

2008/08/19
サークルKサンクス、内部統制システムを刷新
〜内部統制と社内セキュリティの強化を目的に、オラクルのID管理製品を活用〜

- 日本オラクル株式会社(本社:東京都千代田区紀尾井町、社長執行役員 最高経営責任者:遠藤 隆雄、以下 日本オラクル)は本日、株式会社サークルKサンクス(本部:東京都中央区晴海、代表取締役社長:中村 元彦、以下 サークルKサンクス)が、内部統制と社内クライアント環境セキュリティの強化を目的に、オラクルのID管理製品「Oracle Identity and Access Management Suite」を導入し、内部統制システムを刷新したことを発表します。

- 全国に6,000店以上のチェーンを展開するコンビニエンスストア大手のサークルKサンクス。同社は金融商品取引法(J-SOX法)の成立前から内部統制に積極的に取り組み、システム本部が中心となって2006年からクライアント環境のセキュリティや管理基盤の強化と整備を進めてきました。そして、同社は、次の段階として「Oracle Identity and Access Management Suite」を活用したID管理システムを2008年4月に稼動開始しました。

- 従来、同社では、社内のエンドユーザーからパスワードに関する問い合わせがシステム本部に集中し、ユーザーがパスワードをメモするなどセキュリティ上の問題を抱えていました。また、従来のシステムは、派遣社員のID管理を正社員とは別に管理していたため、退職した派遣社員のID管理は人手を介すことが多く、管理に多くの時間を要していたとともに、監査人からも指摘を受けていました。そこで、同社は、「Oracle Identity and Access Management Suite」の導入により、システム単位のID管理やパスワードの異なる状況、及びアクセスコントロールを自動化し改善することに成功しました。

- これまで基幹システムは独自開発することが多かった同社でしたが、ID管理システムの導入には、実績が豊富で、プロフェッショナルなコンサルティングを受けながら導入できるパッケージソフトウェアが必要と考え、株式会社富士通中部システムズ(以下、FJCL)と日本オラクルの連携体制を高く評価し、採用をしました。これにより、独自開発よりも短期間で低コストな開発を実現しました。

- 新システムの導入により、サークルKサンクスは、各システムにおける全社員と派遣社員の約2,500人のID/パスワード管理の一元化、手作業によるID管理業務を電子化及び自動化し管理コストを低減、ユーザーの定期的なパスワード変更作業の簡易化などによるセキュリティの向上、及び内部統制への対応を実現しました。

●株式会社サークルKサンクスについて
設立:2001年7月2日(創業 サンクス:1980年7月23日、サークルK:1984年1月26日)
資本金:83億8,040万円
従業員数:1,738人(単体。2008年2月末現在)
おもな事業内容:コンビニエンスストア「サークルK」「サンクス」のフランチャイズ事業および店舗経営など
http://www.circleksunkus.jp/index.html


株式会社富士通中部システムズについて
http://jp.fujitsu.com/group/fjcl/

関連リンク
「Oracle Identity and Access Management Suite」製品概要
http://www.oracle.com/lang/jp/products/middleware/identity-management/identity-access-management-suite.html

「Oracle Identity and Access Management Suite」顧客事例
株式会社サークルKサンクス事例:http://www.oracle.co.jp/showcase/2008/circleksunkus/top.html
東芝テック株式会社事例: http://www.oracle.co.jp/campaign/grc/security/solution3-1.html
株式会社ネットマークス事例: http://www.oracle.co.jp/showcase/2007/netmarks/top.html
ファイザー株式会社事例: http://www.oracle.co.jp/showcase/2006/pfizer/top.html

●日本オラクルについて
日本オラクル株式会社は、オラクル・コーポレーションの日本法人として1985年に設立されました。国内を拠点とした情報システム構築のためのソフトウェア製品、ソリューション、コンサルティング、サポートサービス、教育の事業を展開しています。1999年2月5日に店頭市場へ株式公開、2000年4月 28日に東証一部上場。従業員数2,135名(2008年 5月末現在)。

■本件に関するお問い合わせ先:
日本オラクル株式会社 広報部 小林
プレスルーム
YouTube日本オラクル広報チャネル

Oracleは、米国オラクル・コーポレーション及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。その他のブランドまたは製品は、それぞれを保有する各社の商標または登録商標です。