ニュースリリース

2008/09/17
日本オラクル、製造業向け製品開発における可視化アプリケーションを発表
〜450種類のデータ閲覧に対応、グローバル連携を支援するアプリケーション「AutoVue Enterprise Visualization」を提供開始〜

・日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、代表執行役社長 最高経営責任者:遠藤 隆雄、以下 日本オラクル)は、オラクルの製品ライフサイクル管理(PLM)アプリケーション製品群の一製品として、製造業のグローバルな製品開発における可視化と連携を強化するアプリケーション「AutoVue Enterprise Visualization 19.3」を本日より提供開始することを発表します。

「AutoVue Enterprise Visualization 19.3」は、電子機器、半導体製造、工作機械、自動車メーカーなどの製品開発チームが作成した3次元CAD(Computer Aided Design)形式のデジタルモックアップ、設計図面、組立指示書など約450種類のデータ閲覧と共有に対応し、関連部門と社外関係者のグローバルな連携を強化するビジュアライゼーション・アプリケーション※です。
※ ビジュアライゼーション アプリケーション: ユーザーは専用ソフトウェアを購入せずに、開発製品の設計図面や3次元CADで作成したデジタルモックアップ、各種技術文章などの閲覧と共有を実現するビューワー・アプリケーション

同製品の主な特長は、下記の点になります。
-1. 450種類以上のデータ形式への対応により、情報共有の簡素化とライセンスコストを削減
対応データ: 2次元図面、3次元デジタルモックアップ、電子基板の回路図、PDF、スプレッドシート、ビジネス文書など
-2. 各種データの比較・検証により、現場の利便性と生産性を向上
開発製品のデザインバージョンの比較、3次元デジタルモックアップの検証、電子設計データの照合、仕様書へのマークアップ、製造装置の設計情報の検証、機構設計データと電気設計データの組み合わせによる干渉チェックなど
-3. 製品開発を中核とした関係部門と顧客、パートナー、サプライヤーなど社外関係者とのコラボレーションにより、「製品が見える」仕組みを構築
450種類のデータ閲覧機能とWebベースのコラボレーションにより、特別なインフラ整備をすることなく、ビジネス・プロセスに携わる関係者は、製品情報を閲覧・共有することが可能です。デジタルモックアップのレンダリングは、ビューワー専用サーバーが処理し、結果のみをクライアントに送信します。このため、クライアントによるファイルのダウンロードを制限します。こうして、元データなど、機密情報の漏えいリスクを極小化することが可能です。

「AutoVue Enterprise Visualization 19.3」は、単一ソリューションとして導入可能です。また、オラクルのPLMアプリケーション「Agile PLM」、ERPパッケージ「Oracle E-Business Suite」、他社製のPLMやERP製品と併用することで、既存の資産を継続的に有効活用できます。

効率的なグローバル開発体制を求められる電子機器、半導体製造、工作機械、自動車、航空防衛といった産業からのニーズが拡大しております。

◆「AutoVue Enterprise Visualization 19.3」概要
提供開始日:2008年9月17日(水)
対応Client OSとブラウザ: 
 Windows XP / Microsoft Internet Explorer 6.x と 7.x、Firefox 2.x
 Macintosh Power PC OS 10.x / Safari 2.0.4
 Solaris 10 (SPARC/x86 / Mozilla 1.x
 Linux Redhat 4.4 with Firefox 2.x、Linux SUSE10 / Firefox 2.x
 Server OS: Windows Server 2003 R2、Windows Vista (32bit)、Windows XP、Windows 2000
価格:
 「AutoVue Office」 1ユーザー13,125円(税込み)から、最小購入ライセンス250ユーザー
対応データ形式: Microsoft Officeドキュメント、PDF、TIFF
お客様お問い合わせ: Oracle Direct (TEL)0120-155-096

関連リンク
「AutoVue Enterprise Visualization」ソリューション概要
http://www.oracle.com/lang/jp/applications/autovue/index.html

「AutoVue Enterprise Visualization 19.3」概要
http://www.oracle.com/applications/feature-whats-new-in-autovue-enterprise-visualization-release-19-3.html
「AutoVue Enterprise Visualization」顧客事例
http://www.oracle.com/customers/snapshots/harris-corporation-autovue-snapshot.pdf
サプライチェーン・マネジメント製品概要
http://www.oracle.co.jp/campaign/scm/

●日本オラクルについて
日本オラクル株式会社は、オラクル・コーポレーションの日本法人として1985年に設立されました。国内を拠点とした情報システム構築のためのソフトウェア製品、ソリューション、コンサルティング、サポートサービス、教育の事業を展開しています。1999年2月5日に店頭市場へ株式公開、2000年4月 28日に東証一部上場。従業員数2,135名(2008年 5月末現在)。

■本件に関するお問い合わせ先:
日本オラクル株式会社 広報部 小林
プレスルーム
YouTube日本オラクル広報チャネル

* Oracleは、米国オラクル・コーポレーション及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。その他のブランドまたは製品は、それぞれを保有する各社の商標または登録商標です。