ニュースリリース

2008/11/11
日本オラクル、事業統合後初となるWebLogic Server「Oracle WebLogic Server 10g Release 3」を提供開始
〜オラクルの戦略的アプリケーション・サーバーとして、「Oracle Fusion Middleware」との新たな連携を実現〜

・日本オラクル(本社:東京都港区北青山、代表執行役社長 最高経営責任者:遠藤 隆雄、以下 日本オラクル)は本日、「Oracle WebLogic Server(旧BEA WebLogic Server)10g R3」の提供を開始しました。
・「Oracle WebLogic Server 10g R3」は、オラクルがBEAシステムズ統合後に提供する最初のミドルウェア製品であり、今後の「Oracle Fusion Middleware」製品群の中核に位置するものです。
・本製品では、「Oracle JDeveloper」、「Oracle Coherence」、「Oracle TopLink」、「Oracle Enterprise Manager」といった、戦略的な「Oracle Fusion Middleware」製品との連携を実現しています。
・また、「Oracle WebLogic Server 10g R3」は、オープン規格に基づき機能をモジュール化して統合しています。必要な機能だけ追加・削除したり、パッチをあてることができるため、より動的なノード管理を実現します。
・「Oracle WebLogic Server 10g R3」は、オラクルのホット・プラガブル*1機能によって、柔軟性と投資保護を実現します。また、顧客はさまざまな「Oracle Fusion Middleware」製品を、現行のIT環境にそのまま導入・展開することができます。
*1: 標準技術を用いることで、オラクル以外の環境でも総合運用できること
・本製品では「Eclipse」、「Oracle JDeveloper」、「Oracle WebLogic Workshop 10.3」を含むさまざまな開発環境をサポートしています。また、Ajax対応リッチクライアントであるADF RichClient 11を搭載しているため、最新の「Oracle JDeveloper 11g」では、コンポーネントを追加することで簡単にユーザー・インターフェースなどリッチクライアントアプリケーションを設計・開発することができます。

「Oracle Fusion Middleware」について
「Oracle Fusion Middleware」は包括的であらかじめ統合された製品ラインであり、世界中の全産業で77,000社の顧客に使用されています。「Oracle Fusion Middleware」は、包括的な標準準拠のミドルウェア・インフラストラクチャ製品群として、Javaアプリケーション・サーバーから、業界をリードするEnterprise 2.0ポータルやコンテンツ管理製品まで、企業や公的機関が必要とするテクノロジー・ソリューションを提供しています。「Oracle Fusion Middleware」は、各製品間での対応が完了しているだけでなく、オラクルのデータベースやアプリケーション製品との対応も完了することで、総所有コストを引き下げています。独自のホット・プラガブル機能により、異種混在のIT環境における既存の投資を活用することができます。「Oracle Fusion Middleware」は、11,000社以上の独立系ソフトウェアベンダー、付加価値リセラー、システム・インテグレーターがサポートしています。詳細についてはhttp://www.oracle.com/lang/jp/products/middleware/
をご覧ください。

関連資料
「Oracle WebLogic Suite」
「Oracle WebLogic Server 10g」
「Oracle WebLogic Server」

◆製品価格
「WebLogic Server Standard Edition」:
1,087,000円〜/1プロセッサ(税込み)、217,000円〜/10 Named User Plus(税込み)

「WebLogic Server Enterprise Edition」:
2,717,400円〜/1プロセッサ(税込み)、543,000円〜/10 Named User Plus(税込み)

*価格は予告無く変更される場合があります。
価格の計算方法として「Processorライセンス」と「Named User Plusライセンス」があります。
Processor:ハードウェアの仕様(CPU数)に応じて価格設定をするライセンスです。
Named User Plus:オラクル製品に対して使用する権利を与えられている個人が何名いるかによって価格を設定する「指名ユーザー」ライセンスです。

メッセージ


●日本オラクルについて
日本オラクル株式会社は、オラクル・コーポレーションの日本法人として1985年に設立されました。国内を拠点とした情報システム構築のためのソフトウェア製品、ソリューション、コンサルティング、サポートサービス、教育の事業を展開しています。1999年2月5日に店頭市場へ株式公開、2000年4月 28日に東証一部上場。従業員数2,135名(2008年5月末現在)。

■本件に関する報道関係お問い合わせ先:
日本オラクル株式会社 広報部 野見山
プレスルーム

*Oracleは、米国オラクル・コーポレーション及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における商標または登録商標です。


【参考資料】

◆「Oracle WebLogic Server 10g Release 3」発表に関する各社からのコメント(五十音順)

アダプタ業界のリーディング企業であるアイウェイ・ソフトウェア日本支社では、日本オラクル株式会社の高機能アプリケーション・サーバー、WebLogicと他社アプリケーションやレガシーシステム等との連携を実現する280種類以上のiWayアダプタを提供しております。両社の製品のスムーズな連携により、昨今顧客企業において課題となっている複数の企業システムの連携や統合に、より現実的なソリューションをご提供できるものと確信しております。弊社ではこのたびのWebLogic新バージョンの発表を心より歓迎し、日本オラクル株式会社とともに、顧客企業のシステム連携に関する課題解決に尽力していきたいと考えております。
アイウェイ・ソフトウェア日本支社 支社長 勝田 誠

株式会社アシストは、このたびの「Oracle WebLogic Server 10g R3」の発表を心より歓迎いたします。弊社では、データベースのデファクトである「Oracle Database」をはじめ各種オラクル製品の販売、サポートを通じて、お客様企業をご支援しております。これらのオラクル製品群とますます機能強化された高性能アプリケーション・サーバー、WebLogicとの連携により、信頼性、可用性、パフォーマンスを兼ね備え、投資対効果の高いソリューションをお客様企業にご提供できるものと確信しております。今後も日本オラクル株式会社との強力なパートナーシップのもと、市場の拡大を目指して参ります。
株式会社アシスト 常務取締役 森沢 久美子

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社は、「Oracle Fusion Middleware」とBEAシステムズの技術を融合させた「Oracle WebLogic Server 10g R3」の出荷開始を歓迎いたします。CTCはWebLogic製品をWebサービス構築ビジネスや基幹システムのWeb化などIT基盤構築のスタンダードモデルとしてお客様に積極的に提案して参りました。このたびWebLogic製品が、「Oracle Fusion Middleware」製品群の中核を担う製品となったことは、非常に意義深いことであり、今後エンタープライズシステムに不可欠なIT基盤の普及にシナジーを発揮するものと期待しております。
伊藤忠テクノソリューションズ
取締役 兼 常務執行役員 クロスファンクショングループ 担当役員 後藤 健

OKIは、「Oracle WebLogic Server 10g R3」の出荷開始を歓迎します。信頼性と堅牢性に優れ高い性能を持つWebLogicはミッションクリティカルな用途に最適なアプリケーション・サーバーであり、OKIのソリューションにおいても多数の実績を持っています。さらに、OKIはユビキタスサービスを実現するためのプラットフォームである「AP@PLAT-u」を開発中であり、WebLogicはその中核となる製品と位置付けております。OKIのビジョンであるユビキタスサービスの実現に向けて、弊社は今後も日本オラクル株式会社とのアライアンスを進めてまいります。
沖電気工業株式会社 (OKI) システムプラットフォームセンタ センタ長 平沼 雄一郎

新日鉄ソリューションズ株式会社は、「Oracle Fusion Middleware」とBEAシステムズの先進的な技術の融合により更にパワーアップされた「Oracle WebLogic Server 10g R3」の出荷開始を歓迎いたします。弊社は、従来より注力しているグリッド基盤やSOA基盤を強化するための標準プラットフォームとして「Oracle WebLogic Server 10g R3」を採用するとともに、「Oracle Coherence」、「Oracle Enterprise Manager」といった、他の「Oracle Fusion Middleware」との連携を通じた、最適なIT基盤の構築と顧客メリットの最大化に努めてまいります。
新日鉄ソリューションズ株式会社
業務役員ITインフラソリューション事業本部 営業本部長 林田 栄一

住商情報システムは「Oracle WebLogic Server」の最新版提供を歓迎します。住商情報システムは「WebLogic Server」を過去10 年にわたり販売・サポートを行い、特に24 時間365 日サポートやその技術力はお客様より高いご評価を頂いて参りました。「Oracle WebLogic Server」はアプリケーション基盤分野における実績あるミドルウェア製品であり、今後もSOA 実現に向けた欠かせない重要製品と認識しております。今回の「Oracle WebLogic Server 10g R3」のリリースは「Oracle Fusion Middleware」と弊社が得意とするERP ソリューションである「Oracle Applications」との統合の重要なリリースと位置づけています。弊社はオラクルの展開する次世代エンタープライズ・アプリケーション戦略を活用して、変化に強くかつ、迅速なシステム構築を必要とする企業に今後もそのニーズを満たすソリューションを提供して参ります。
住商情報システム株式会社
取締役常務執行役員 プラットフォームソリューション部門長 栗本 重夫

東芝ソリューション株式会社は、「Oracle WebLogic Server 10g R3」の発表を歓迎いたします。
当社は、長年にわたり金融・公共をはじめとする、さまざまなミッションクリティカルなWebシステムの構築を手がけてまいりました。その中で当社が採用してきたWebLogicが、「Oracle WebLogic Server 10g R3」として進化することで、お客様のシステム高信頼化への要求に一層お応えできるようになると考えております。また、構築・運用・保守を一貫してご提供する当社のサポートサービスを、さらに確実にするものと確信しています。当社は日本オラクルとのパートナーシップをさらに強固なものとし、高信頼なシステムの提供に努めてまいります。
東芝ソリューション株式会社 執行役員 
プラットフォームソリューション事業部長 栗原 高明

日本電気株式会社は、「Oracle WebLogic Server 10g R3」の出荷を歓迎いたします。本製品の出荷によりオラクルとBEAシステムズの技術の融合が始まったことを歓迎するとともに、今後、融合が加速されていくことを期待します。弊社は、最新技術で強化された本製品に関しても、日本オラクルと密接に協力することで、お客様に安心して利用いただけるよう高品質なサポートを提供してまいります。
日本電気株式会社 システムソフトウェア事業本部 
第二システムソフトウェア事業部 事業部長 伊藤 晃徳

日本HPは、「Oracle Fusion Middleware」とBEAシステムズの技術を融合させた「Oracle WebLogic Server 10g R3」の出荷開始を歓迎いたします。オラクルのホット・プラガブル・ミドルウェア戦略を拡大し、柔軟性と投資保護を実現する「Oracle WebLogic Server 10g R3」とビジネス・テクノロジーの実現を可能にする弊社のHP Integrity サーバーとを組み合わせることで、高い信頼性、安定性、柔軟性をもち、高いパフォーマンスをシンプルな管理環境の下で実現する企業情報システムのインフラ構築に貢献できるものと確信しています。今後両社のアライアンスをさらに加速させ、最も信頼されるプラットフォームパートナーとしてお客様の経営をリードするIT構築に邁進してまいります。
日本ヒューレット・パッカード株式会社 
執行役員エンタープライズストレージ・サーバ事業統括 松本芳武

日本ユニシス株式会社は、日本オラクルとして初のリリースとなる「Oracle WebLogic Server 10g R3」の発表を歓迎致します。弊社は、長年に渡り、WebLogicシリーズを採用した基幹系システムを構築し、提供しております。そして、これらのノウハウを蓄積、体系化したオープン系システム基盤フレームワーク AtlasBase (アトラスベース) により、システム構築におけるリスク削減、品質向上および安定稼働を実現しております。弊社では、このたびの「Oracle WebLogic Server 10g R3」をAtlasBaseの中核に据え、これからも日本オラクルと共に、お客様にご満足いただけるシステムを構築して参ります。
日本ユニシス株式会社 商品企画部長 栗山 進至

株式会社日立コンサルティングは、日本オラクル株式会社による「Oracle WebLogic Server 10g R3」のリリース発表を歓迎します。弊社はこれまで、コンサルティングからERP導入までのソリューションを数多くのお客様に提供してまいりました。これらアプリケーション製品のノウハウと、このたびの「Oracle WebLogic Server 10g R3」の最先端のテクノロジーを基盤に、Enterprise Performance Management、Business Intelligence、SOA、Identity Managementといったミドルウェア領域にも力を入れることで、お客様ニーズにより対応した高い投資対効果をもたらす次世代IT基盤構築におけるトータル・ソリューションを展開してまいります。
株式会社 日立コンサルティング 代表取締役社長 ポール与那嶺

株式会社日立システムアンドサービスは、安定性や管理性に優れた「Oracle WebLogic Server 10g R3」の出荷開始を歓迎します。弊社は、これまで業界トップクラスの豊富なオラクル技術者によるエンタープライズシステム基盤の普及に貢献してきました。今後もシステムインテグレータとして「Oracle WebLogic Server 10g R3」と「Oracle Fusion Middleware」のBI、SOA技術をベースに最新、最良のシステムを提供していきます。
株式会社日立システムアンドサービス 執行役 石井 清