ニュースリリース

2002/12/02
オラクル認定コンサルタント「Oracle Certified Consultant」が5,000名を突破
〜IT市場のニーズを反映して、「Oracle E-Business Suite」の技術者の需要が増加〜

日本オラクル株式会社(本社:東京都千代田区紀尾井町4-1 代表取締役社長:新宅正明、以下日本オラクル)は、「Oracle E-Business Suite」の認定技術者「Oracle Certified Consultant」が2002年11月下旬に5,000名を突破したことを発表します。

「Oracle Certified Consultant」は、オラクルのビジネスアプリケーション製品群「Oracle E-Business Suite」の導入およびカスタマイズを行う技術者を認定する制度です。認定資格には、アプリケーションの中核モジュールの主な機能を操作し、設定する技術を認定する「Silver」と、顧客の要求仕様に基づいて、アプリケーションの中核モジュールを導入する技術を認定する上位資格「Gold」の2種類があります。

最新バージョン「Oracle E-Business Suite 11i」対応の認定制度を開始した2001年6月以降、上位資格「Gold」の認定技術者は4倍に増加し、「Oracle E-Business Suite」を実際に企業へ導入・コンサルティングできるスキルを持った技術者の需要が高まっていることがうかがえます。

今後、日本オラクルでは、「Oracle E-Business Suite」の技術者の育成を強化していきます。既にオンラインでオラクル・データベースの学習カリキュラムを提供している、Eラーニングサービス「Oracle Learning Network」上に、「Oracle E-Business Suite」の学習カリキュラムを追加し、資格取得を希望する技術者により安価で効率的な学習環境を提供するなど、Eビジネス構築のための確かな導入スキルを持った技術者を求める市場のニーズに応えていきます。

■本件に関する報道関係お問い合わせ先:
日本オラクル株式会社 マーケティング本部 コーポレート・コミュニケーションズグループ 広報担当:栃尾 
プレスルーム http://www.oracle.co.jp/press

Oracleは、Oracle Corporationの登録商標です。
本文中の商品名は、各社の商標または登録商標です。



参考資料
2002年12月2日
パートナー企業からの賛同表明文

●株式会社CSK 中部事業本部 コンサルティング部 部長 水野 隆氏
株式会社CSKは、この度の日本オラクル株式会社のオラクル認定コンサルタント「Oracle Certified Consultant」の5,000名突破を歓迎します。「Oracle Certified Consultant」の資格取得は、お客様への提案時に、技術者のスキルレベルを客観的に示せるのが大きなメリットです。今後CSKでは、「Oracle Certified Consultant」の上級資格「Gold」の取得を全社で推進していくことで、技術者のさらなるスキルアップを図り、お客様に満足度の高いソリューションを提案・導入し続けていきます。