ニュースリリース

1996/06/05
Oracle Power Browserの特徴・価格

  1. 特 徴
     「Power Browser 1.5」は、オラクルが提供するイントラネット対応多機能WWWブラウザです。初心者でも操作しやすいユーザ・インタフェースを採用し、業界標準の機能をすべてサポートします。Power Browser 1.5はHTML2.0はもちろんのこと、「テーブル」、「フレーム」、「バック・グラウンド」などの拡張されたタグを理解します。画像フォーマットはJPEGや単純なGIFだけでなく、インターレスGIFやアニメーションGIFなど等のフォーマットもサポートします。

     さ にJAVAやNetscape Plug-inに対応し、JAVAアプリケーションや、いろいろなベンダーから提供されるプラグイン・ソフトウェアを利用可能です。セキュリティの面ではSSLをサポートしており、既存の商用サーバへのアクセスを高い安全性のもとに行うことができます。

     日本オラクルは、Oracle Power Browserを無償で提供します。オラクルのホーム・ページからダウン・ロード可能なほか ( http://www.oracle.com/products/websystem/powerbrowser/html/export.html)、雑誌の付録CD-ROMや、モデム、パソコン、サード・ベンダーが販売するインターネット関連ソフトウェアにバンドルします。Oracle Power Browserは、Oracle BASICインタプリタを内蔵し、ODBCを介して直接データベースと通信可能です。またパーソナルWWWサーバ機能は、データベースを検索するページ取り扱え、ウィザードによってページを簡単に作成できます。
  2. 出荷時期、販売価格
    I.出荷時期
      1996年7月末出荷
    II.販売価格
      無償 (ホームページからのダウンロード、雑誌等に添付)