基調講演

最新のテクノロジーが経営にもたらすインパクトに触れながら、IT業界を代表するキーマンが「経営とITの明日」について語ります。

基調講演の変更に関するお知らせ
4月22日(水)10:30から予定されておりました弊社CEO ラリー・エリソンの講演 は、4月24日(金)9:30-10:15 弊社社長チャールズ・フィリップスの講演に変更 させていただくことになりました。
(※講演タイトル、講演内容の変更はござい ません。)
講演者・日時の変更にともない、基調講演の一部のスケジュールが変更になって いますのでご確認ください。

 
Opening Session 2009/4/22 09:30〜09:45※このセッションは終了しました

ここから結びつく。そして動き出す。 - 逆境が経営基盤強化への回帰を生み、そこから新たなイノベーションが加速する

日本オラクル株式会社
代表執行役社長 最高経営責任者
遠藤 隆雄

業績の悪化や株価の低迷、組織や従業員の活力の低下など厳しい経営環境のなかで、企業が混迷の時代を生き残る力=サバイバビリティを向上させるための具体的なアクションプラン構築が急務となっています。経営とITそれぞれの観点から、スピーディかつ臨機応変に対応する経営基盤の構築=企業におけるマネジメント・エクセレンスの最大化について、日本オラクルおよびパートナー企業の役割とお客様が得られる価値についてご紹介します。人、情報、戦略、企業が結びつき、結びつくことではじめて新たな革新が動き出します。

KS01-09 2009/4/22 09:45〜10:25※このセッションは終了しました
  • 同時通訳

Applications Unlimited and the Future of Applications
企業ITの最適投資 - エンタープライズ・アプリケーションの現在と未来

オラクル・コーポレーション
インダストリー・ビジネス・ユニット(IBU)担当 シニア・バイス・プレジデント
ソニー・シン

企業経営の根幹を支えるエンタープライズ・アプリケーション。オラクルはここ数年、戦略的買収により変革を続け、新しい価値を生み出しています。あらゆる業種が激変の時代を迎えている今、オラクルの包括的な業種別ソリューションは単なるERPの領域を超え、経営者層には意思決定のスピードとビジネスの洞察を、ユーザーには生産性の向上という価値を提供します。進化し続けるOracle Applicationsの戦略と今後のロードマップについて、インダストリー・ビジネス・ユニットの責任者であるソニー・シンがご紹介します。

KS01-04 2009/4/22 17:45〜18:30※このセッションは終了しました
  • 同時通訳

Reducing Your Costs Using Oracle Database 11g
ITコスト削減の最大のポイント - 最新データベース技術の適用と活用

オラクル・コーポレーション
データベース・サーバー技術担当 シニア・バイス・プレジデント
アンディ・メンデルソン

1984年から一貫して開発に携わり、「Oracle Databaseの神様」とも呼ばれるデータベース開発総責任者のアンディ・メンデルソンが、IT部門の運用コスト削減に即効性のあるOracle Database 11gの活用法を語ります。グリッド・コンピューティングによる共通基盤化、高性能なデータウェアハウスの構築、低コストで最高の可用性を実現する仕組み、データベース運用管理コストやストレージコストの削減、セキュリティの強化、そしてそれを実現するためのアップグレードの効率的な方法など、最新データベースを活用することで実現できるコスト削減についてご紹介します。

KS02-05 2009/4/23 09:30〜10:15※このセッションは終了しました
  • 同時通訳

Start in the Middle – The Integration Point
ミドルウェアがもたらす真の価値 - 企業システム統合によるコスト削減とSOAガバナンス

オラクル・コーポレーション
製品開発担当 シニア・バイス・プレジデント
ハサン・リズヴィ

オラクル・コーポレーションのシニア・バイス・プレジデント、ハサン・リズヴィが、オラクルのミドルウェア製品戦略および次バージョンにおける革新的なBEAテクノロジーとの統合ソリューションをご紹介します。進化したビジネスプロセス管理やアプリケーション・グリッド、エンタープライズ2.0の機能に加え、大幅なコスト削減を実現するID管理、SOAガバナンス、さらにビジネス・アプリケーション管理といった、現在のビジネス要件に広く適合する最新のソリューションをお届けします。

KS03-10 2009/4/24 9:30〜10:15※このセッションは終了しました
  • 同時通訳

Complete. Open. Integrated. - Oracle's Strategy to Bring Value to Your Business
お客様を理解し、価値を届ける - エンタープライズ・ソフトウェアのあるべき姿

オラクル・コーポレーション
社長
チャールズ・フィリップス

現在のビジネス環境下でITが果たすべき役割と、ソフトウェア業界の今後の方向性について語ります。ソフトウェア業界のリーダーとしてオラクルが今まさに期待されていることは、お客様を理解し、最大の価値を届けること。“Complete. Open. Integrated.” に基づく、オラクルのビジョンと戦略をご紹介します。

 
  • 同時通訳
  • グリーンIT対応
  • 事例
  • ハンズオン
  • パネル
  • 有料
  • プレゼント